グルメ

夏期限定の吉野家【ねぎ塩鶏丼】を食べてみた

鶏肉が大好きな鞭男です。

ふと通りがかった吉野家で【ねぎ塩鶏丼】を食べてみました。

これが想像以上に美味。

肉質、味付け共に意表を突かれました。

これは非常にお勧めなので、是非皆さんに食べて頂きたい。

吉野家【ねぎ塩鶏丼】とは

店内調理にこだわった新商品「鶏すき丼」と同じ 歯ごたえある「鶏もも肉」を「塩ダレ」で味わえる 「ねぎ塩鶏丼」。

たっぷりのねぎに旨みと酸味の絶妙なバランスで食欲をそそります。お好みで柚子胡椒も。

ねぎ塩鶏丼|吉野家|公式

【ねぎ塩】シリーズは、2012年から販売が開始された吉野家の夏の定番商品です。

従来は【ねぎ塩豚丼】しかラインナップが無かった模様ですが、今年からは【ねぎ塩鶏丼】と【ねぎ塩牛カルビ丼】が追加。

また【ねぎ塩】シリーズ全てに柚子胡椒が付くようになりました。

鶏肉と柚子胡椒、両方とも大好きな鞭男にとっては有り難い事であります。

早速、【ねぎ塩鶏丼】の大盛りを注文致しました。

相変わらず吉野家の提供速度は早いです。

注文してからものの数分で運ばれてきました。

忙しい合間に、直ぐ食せる事は便利極まりない。

柚子胡椒が付いています。

こう暑くなってくると、柚子胡椒の様な柑橘系の薬味が食欲を増進させます。

柚子胡椒を【ねぎ塩鶏丼】に載せます。

量が少量でしたので、風味が行き届くよう全体にかき混ぜて使用しました。

艶やかに輝く鶏肉と、大量に刻まれたネギ。

ねぎ塩ダレは透明でゴマもかかっており、夏らしい絵面の丼です。

百聞は一見にしかず。食べてみます。


スポンサードリンク

感想

鶏肉は蒸しているのか、身がプリプリしていて柔らかく

余分な油分が抜けてさっぱりしています。

そこに刻みネギの香りと塩タレが加わり、さっぱりした中にも芯があるお味に。

最後に柚子胡椒の香りが口内に広がり絶妙な後味を醸し出します。

これはご飯が進みます。大盛りにして正解でした。

少量の紅生姜と七味をトッピングすると、酸味と辛味が加わり

具材の旨味を更に引き立てます。

久々の当たりです。

価格面からしても普段使いしてしまう逸品です。

まとめ

吉野家【ねぎ塩鶏丼】大盛り 価格(税込み)590円

 

夏バテなどで食欲が低下した時ほど、この丼は力を発揮すると思います。

鞭男は鶏肉、柚子胡椒、ネギと大好きな具材が重なったのも影響しているかもしれませんが

これは誰が食べても美味しいと感じられるはず。

むしろこの【ねぎ塩鶏丼】をレギュラーメニューに組み入れて欲しいです。

それぐらい鞭男はハマってしまいました 笑

皆さん、吉野家見つけたら是非食べてみて下さい。