ホテルビュッフェ

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェに行ってきた

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町のオールデイダイニング【オアシスガーデン】にてランチブッフェを食べてきました。

鞭男みたいな社畜底辺には全く縁が無さそうな場所ですが、一休レストランにてセール中だったため、奮発して行ってみました。

 

庶民には高級ホテルのランチはどう映ったのか。背伸びしてレポートします。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町

歴史と緑に抱かれ、日本の伝統と外国の文化が交じり合う街「紀尾井町」。
この東京で最も品格が漂う場所で「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」が、みなさまをお迎えします。

豊かな自然とアートを感じさせるデザイン、そして先進の機能が高度に融合されたホテル。
その高層階から広がる眺望は、まるで美しい絵画のようです。
本質を大切にしながらも、時代の流れに敏感なお客さま、そんな方々がいつでも訪れたくなる、一歩進んだ価値ある時空間を創造する。
これが、プリンスホテルの新たな挑戦です。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町|公式

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町の36階に、オールデイダイニング「オアシスガーデン」があります。

縦の光の線が竹林の様な雰囲気を醸し出しており、お洒落な佇まいです。

この時、既に鞭男は場違いだと感じ始めています。

36階にはロビーがあり、オアシスガーデンを隔て吹き抜けとなっています。階下がスカイギャラリーラウンジ「レヴィータ」です。

 

この開放感は凄いです。富裕層の方は、東京の夜景をアテにしてお酒を飲むのでしょう。

 

鞭男にとっては別世界の匂いがプンプンします・・・。一度で良いからこんな所で浴びるほど酒を飲んでみたいもんですがね!

 

気を取り直し「オアシスガーデン」に入ってみます。

天井に刻まれたジグザグの隙間から射し込む間接照明の光に、ピカピカでツルツルな大理石。

そしてここは36階なのに何故か窓際から木が生えそびえ立つ。

 

鞭男は来る場所を間違えたみたいだ。

 

ぼーっとしていると笑顔が素敵な従業員さんが席に案内して下さいました。

たぶん声掛けてくれなかったら帰ってた思います。ありがとうございました。

天井も高く、窓ガラスの面積も広く作られており、非常に開放的な作りです。

GDP世界3位の首都、東京の景色を一望出来ます。

人件費を削り、内部留保を増やしたおかげでこの素晴らしい都市が築き上げられました。

あ!スカイツリーだ!拝んどこう!

案内された席は窓際ではありませんでした。別に窓際じゃなくても多少は外を眺められますからね、無問題。

ただね、写真を見てもらうと窓際に木が生えているでしょ。ちょうど木と同列に東京タワーがあるんだ。

どうあがいても鞭男の座っている席からだと、木が邪魔で東京タワーが見えないんだ。

 

首を左右に振れば東京タワーを見る事は出来ますよ。席を立ち上がれば東京タワーを見る事は出来ます。

なんというか、座った状態で気軽に東京タワーが見えない

 

ここまで東京を一望出来るとなると、気軽に東京タワーを見たいじゃない。でもこの木によって東京タワーが見えない。

そう、邪魔なんだよ!邪魔!木が邪魔!

 

是非、伐採して頂けたらなと思います。


スポンサードリンク

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェ

オアシスガーデンのランチブッフェはセミブッフェとなっています。鞭男はブッフェは知ってしましたが、セミブッフェなんて知りません。

セミってなんですか。ミ〜ンミ〜ンですか。

 

どうやらセミブッフェとはメインデッシュを1品選び、前菜とデザートはお好きなだけどうぞという形式の様です。

「よっしゃー!前菜とデザートは一切食べずに、メインデッシュ系をたらふく食べて元取ってやるぞー!」

と、いつも通りの作戦が通用しない事を知りました。

 

「オアシスガーデン」のメインデッシュは以下の中から1品選択します。

・リングイーネ ズワイガニとカラスミのアーリオオーリオ
・タリアッテレ 鴨のボロネーゼ
・ペンネ 無漂白のシャンピニヨンとベーコンのアラビアータ
・ピッツァ マルゲリータ
・ピッツァ クアトロフォルマッジ
・各地の漁港より シェフのひらめきで
・静岡県富士宮産 富士鶏もも肉のグリエ ハニーマスタードソース
・US産牛フィレ肉のポワレ 野菜のティアンと共に

 

品によっては数量限定などもあり、売れ切れの場合もあるみたい。鞭男は14時前に伺ったので、2種類売り切れの品がありました。

選んだのは「US産牛フィレ肉のポワレ 野菜のティアンと共に」です。理由は肉だと原価が高そうな気がしたためです。

 

あ、あと野菜のティアンってなんだろうって好奇心もあります。決して鞭男は貧乏性なだけではありませんよ。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェ スタート

メインデッシュが来るまで前菜で空腹を満たそうと思います。品が置かれているのは席とは反対側となります。

回廊という言葉が似合いそうな空間です。食品を提供する場所とは到底思えない。

良い意味でダイニングとは名ばかりです。

焼き野菜と生ハムが置いてあります。

ブッフェで焼き野菜が提供されるとは、よほど品質に自信があるのだと思います。

生ハムはクルクルと巻かれており「僕はスーパーの安物とは違うんだよ」と、孤高のオーラを放っています。

左からトルティージャ、オアシス風大学いも、夏野菜のミモザ。

やはり器や雰囲気はとても重要です。こんなにお洒落に提供される大学いもを初めてみました。

芋も都内に出ると垢抜ける様です

カレーもあります。鞭男はメイン前なので食さず。

この南瓜の冷製スープは非常に美味しかったです。鞭男はこの冷静スープにハマってしまい、4~5杯は飲んでしまったでしょうか。

最後には何度も取りに出向くのも、スプーンを使うのも億劫になり、その場で杯に注いではジュースの様に飲みました。

嘘です。

左から海老とトマトのライスサラダ、蒸し鶏と長芋のサラダ、タコのガリシア風、ピーツとクランベリーのサラダです。

なんかわからないけどお洒落。

チーズやオリーブ、パンなども並べられています。チーズ置くためだけにそんなに左右上下に余白作る必要があるのかっていう。

一番左側にあるブルサンペッパーというチーズは初体験。口に含むと直ぐに溶け始め、胡椒の風味が広がるなかなかの逸品。

1皿目を収穫し、席に戻りました。盛り付けが美しくないです。

ただでさえ慣れない場所で緊張しているのに、写真撮るため長時間ブッフェ台をうろちょろしてるんです。

盛り付け意識する余裕なんてねーよ!

一休レストランで予約したおかげで、ドリンクが一杯サービス。鞭男は運転だったため、ノンアルコールビールを選択。

他にもワインなども選べ、非常にお得です。

ホテルの飲み物高いもん


スポンサードリンク

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェ メインデッシュ

従業員さんが随時テーブルの状況を伺っており、一皿目を食べ終えたころ、メインデッシュの「US産牛フィレ肉のポワレ 野菜のティアンと共に」を運んで来てくれました。

ここらへんのサービスは流石高級ホテル。

原価が高そうなだけで選んだメインデッシュですが、肉質も柔らかく、程良い焼き加減も含め

非常に美味しかったです。

(鞭男はUS産牛と見ると肉が固くて筋が多く、パサパサするイメージがありました)

 

ちなみにティアンとは陶器に野菜を入れてオーブンで焼きあげる料理の事を指す様です。言われてみたら、付け合せの野菜は陶器に入れてオーブンで焼き上げた感じがしました。

野菜の『味』が凝縮しており、肉に負ける事無く存在感があります。

 

まぁ雰囲気に飲まれ、ブラシーボ効果で冷静に味の評価が出来てないのは否めないけどね。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェ 2皿目

メインデッシュを食べ終わった後、2皿目の収穫に向かいました。

1皿目と収穫内容はたいして変わっていません。鞭男は気に入った食べ物をとことん食べる性質です。

 

幅広く様々な食を楽しむ事がブッフェの利点の一つだと思いますが、鞭男は一球入魂型です。

恐らくブッフェにはあまり向いていないのかと思います。間違いない。

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェ スイーツコーナー

左からカヌレ、カフェラブリヨン、フロマージュ。

普段スイーツに興味が無い鞭男にとって、聞き慣れない単語の連続。

パンプリンチェリーとショートケーキです。

左側のシロップ類はこのパンプリンチェーリーに使用するようです。

パンに塗るジャムみたいな感じなんだね。未知との遭遇。

エキゾチックと名付けられたケーキとマカロン、ブランマンジュマンゴーです。

マカロンを人生で初めて食べたのですが、独特の食感に感動し、ポテチの様に軽いノリで一度に何個も口に含んでしまいました。

その結果、窒息しかけたので皆さんもお気をつけ下さい。

こちらチェロスとビスコッティです。ビスコッティとは恐らくビスケットの事を言うのでしょうか。

まあ、色合いや形状からしてもビスケットだと思います。なんかビスコッティって響きが良いですよね。

名を見た瞬間スコッティーが脳裏に浮かびました。すいませんでした。

デザートの収穫。

ブランマンジュマンゴー、マカロン、カヌレ、パンプリンチェリー、チェロスです。

鞭男の口はお子ちゃまなのか、単調な味を好みます。そのためチェロスが大好きです。

まさかネズミの国以外でチェロスと出会えるとは。

 

軽くテンションが上がり、収穫量が増えてしまいました。その結果チェロスでお腹一杯になり、2皿目に向かう事が出来なくなりました。

記憶の比重も締めのチェロスの味が8割に達し、他2割はマカロンしかありません。しかもマカロンは人生で初めて食べたので、比較対象が出来ません。

 

完璧食レポ失敗

 

でもね!チェロスの味だけは詳細に覚えてるよ!

 

ネズミの国より美味しかったよ!

まとめ:ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェに行ってきた

全体的に料理は美味しいです。

ブッフェ内容も手抜きされず、繊細な味も楽しめるよう拘りを持って作られています。これはスイーツにも言える事で、恐らくホテル内で販売されているレベルの物を提供しています。

 

雰囲気もガラス張りで開放感があり、東京を一望出来ます。赤プリの跡地ですから、一等地から見る東京の景色は素晴らしい物があります。

従業員さんの接客もお客さんを度々観察し、適宜不足が無いかしっかりと確認しています。

 

可もなく不可も無くと言ってしまえばそれまでですが、この絶妙な距離感を保てるのはさすが高級ホテル!

 

ただ全体的にブッフェの品数は少ない印象。ホテルブッフェ何処もこんな物なのかどうなのか。

勿論メインデッシュを選択するセミブッフェですから、純粋なブッフェとは違い品数を減らすのも頷けます。

しかし苦手な食材がある場合など、相対的に品数が少ない事で選択肢が減ってしまうのは否めない。

 

裏返せば品数が少ないぶん、質は高いです

 

お会計は一休レストランのセールで40%引きされ、1ドリンク付き一人4200円です。

高級ホテルのランチで、この金額を高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思います。

まぁランチ500円でやりくりしてる鞭男から言わせてもらうと、約8日分が一回でぶっ飛ぶわけだから高いと思うけどね!

 

まぁでも美味しい料理食えたし、非日常的な空間を経験出来たら鞭男は満足です。

「ホテルバイキングなんて行き慣れてますわよ!オッホッホ!」って人は知らないけど、初見でもオアシスガーデンのブッフェはオススメだよ。

 

たまには空気変えるのも悪くないと思うぜ!

 

以上、ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】ランチブッフェに行ってきたでした!

 

『オールデイダイニング オアシスガーデン』ランチセミブッフェコースの予約はこちらから↓

【タイムセール】最上階36階で愉しむ 1ドリンク付! 好みで選べるメイン&前菜・デザートはお好きなだけ|通常7,006円→4,200円

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町【オアシスガーデン】アクセス

店名:オールデイダイニング オアシスガーデン (All-Day Dining OASIS GARDEN)

料理形態:洋食、地中海料理

住所:東京都千代田区紀尾井町1−2 東京ガーデンテラス紀尾井町紀尾井 36F

交通手段:永田町駅から233m

TEL:03-3234-1111

営業時間

朝食 7:00~10:00/ 喫茶 10:00~11:30
ランチ 11:30~15:30 /喫茶 15:30~17:30
ディナー 17:30~23:00

日曜営業

定休日:無休