【横浜ロイヤルパークホテル】スカイリゾートフロア 宿泊記

前回、高級ホテルに宿泊してしまった事で、ホテルステイにハマってしまった鞭男です。

ホテルとは全く無縁だった社畜底辺の鞭男ですが、何度かホテルビュッフェを経験し そのうちホテルに泊まりたいと思い始め、どうせ泊まるな...

その結果、大好きな横浜の憧れのホテル「横浜ロイヤルパークホテル」にも泊まってしまいました。

先に結論から申しますと、想像以上の素晴らしいホテルです。

ホテルの質と言うより客室からの展望と立地です。これに尽きると思います。

は・じ・め・て・の・ア・◯・ム〜♪しそうですが泊まって良かった。もうお終いだ。

そんな無鉄砲で計画性の無い社畜底辺による破産宿泊記を是非御覧ください。

スポンサーリンク
AdSense レクタングル広告(大)

横浜ロイヤルパークホテル

横浜ロイヤルパークホテルは、みなとみらい、ランドマークタワー内に位置する高層ホテル。52階以上に位置する全ての客室が展望台。

70階「シリウス」をはじめ8つのレストラン&バーがございます。横浜の夜景と共に皆様のお越しをお待ちしております。

横浜ロイヤルパークホテル|公式HP

横浜ロイヤルパークホテルにはクラブラウンジがあります。

乞食基質の鞭男にとってクラブラウンジは耐え難い魅力がありますが、単に懐が厳しかったので今回は見送りになりました。ファック!!!

横浜ロイヤルパークホテルは、ランドマークタワーの52~67階に客室があります。

ランドマークタワーは、2014年に開業した大阪の「あべのハルカス」が出来るまで、日本一の超高層ビルだったんですよ。

あべのハルカスめ!

ってな訳でどの客室に宿泊しても展望は抜群という事です。

そしてみなとみらいを代表する複合商業施設、ランドマークプラザやクイーンズスクエアが直下に位置しています。

更に目の前には遊園地であるコスモワールド、そしてこれまた商業施設であるワールドポーターズ。

裏手にはMark isみなとみらいなど、立地も抜群です。横浜最高です。

ロビーは1階に位置しています。客室階とは大きく離れています。

落ち着けそうなフカフカのソファーが置かれています。ここでコンビニで買った肴で缶ビール飲みたい。

居心地良さそう。

前面ガラス張りで開放感アリ。破壊衝動に駆られるぜ!バットもってこい!バット!

ロビーからはコスモワールドの観覧車や、左手に扇形で有名な「ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル」が見えます。

横浜って感じだね!

受付です。受付はホテルの規模からすると、どう考えても窓口が少ないです。

案の定、チェックインの時間(15時)には行列が出来ていました。結構待ちましたFuck!

つか客室の規模数からして建築段階で想定出来るだろ

祝日などに泊まる人はチェックインの時間帯をずらした方が良いかも。

エレベーターは全部で8機ありました。流石にこれだけ備わっているので、混雑している事は無かったです。

だったら受付増やせyry

もはや階数ボタンが多すぎて、引きで撮らないと枠に収まらないっていう。

ロビーの次が49階ってのがこの建築物の高さを改めて物語っています。

あまりに高層で気圧が変化しているのか、耳がツーンとなります。

耳抜き必須。

今回宿泊する部屋は63階になります。

【横浜ロイヤルパークホテル】スカイリゾートフロア アトリエコーナーダブル ベイブリッジビュー(海側)

窓際に配置したカウンターから絶景をお楽しみください。60F~64Fをスカイリゾートフロアとしてリニューアルオープンいたしました。

横浜ロイヤルパークホテル|公式HP

鞭男の撮影技術が未熟なせいで凄さが伝わらないかもしれませんが、入室した瞬間この展望が広がります。

これはヤヴァイです。Yavai。

この絶景は現実なのかと大いに錯覚。

窓際で撮ると、コスモワールドとワールドポーターズが正面に見えます。遥か下方に。まるでジオラマの世界。

名の通りベイブリッジヴュー。スゲー!

直下はランドマークプラザとクイーンズスクエア。あまりの高さか、歩道を歩いている人間が蟻の様に見えます。

まるで人間が蟻(ゴミ)の様だとはこの事なんですね。ムスカさん。

夏場ですので空気が淀んで良く見えませんが、東京方面です。

積乱雲が見事ですね。夏らしい。この後都内はゲリラ豪雨and目黒川氾濫危機。

この部屋、見ての通り窓際にカウンターがあるんです。ここで夜景見ながら飲食出来たら最高。

アァー!なんて非日常的ナンダロウカ!まぁ連泊すれば日常になるんでしょうね。

窓際テーブルには横浜美術館のモネ展100円引きコースターが置かれていました。たぶんこれ持って行けば入館料100円引きなのでしょう。

しかし

西洋美術に一切興味が無い鞭男は丁重にコースターとして使用しました。翌朝水分吸い込みすぎて芯が無くなってたよ☆ミ

【横浜ロイヤルパークホテル】スカイリゾートフロア アトリエコーナーダブル インテリア

テーブル側には、乾いた人生を潤す茶器セットやその他etc。

こうゆうシンプルな器は良いですね。良い良い。

生意気ながらウ◯ッジウッドみたいないかにも洋!みたいな柄の陶磁器は嫌いな鞭男です。

しんぷるいずべすと。

ティファールみたいな湯沸かし器と、ネスプレッソみたいなコーヒー作りますよ機器。

下段はテッシュとご案内。鞭男はね。男の子だからね。

テッシュは枕元に置いて欲しいよね。

別に深い意味あるけどね。

ダブルベッドです。フットスロー関係無く恒例の万歳突撃。

枕元には各種言語で表記された照明切り替えスイッチと、電源ソケット、充電ケーブルをそのまま挿せそうなUSB端子がありました。

ちなみにスイッチ類上の謎物体は、枕元を照らす読書灯でした。

枕横にはタブレットが置かれ、照明からエアコン、カーテンの開閉まで

ありとあらゆる操作が出来るようになっています。

画面の反射が著しいので夜撮りました。夜更かししました。

エアコンもご覧の通り操作可能。鞭男は最近デブってきて暑がりです。

カーテンを調整出来るのは便利!っていうかカーテンをタブレットで動かせるってなんか凄い。

無意味に3~4回開け締めしました。楽しかったです。

ホテル情報も見れます。どうやら超高層ビルなのにプールもあるようです。

ベット反対側にも読書灯と充電用USB端子、ソケットがあります。

これだけ端子があると便利ですね。大体争奪戦になるし。

60~64階までのスカイリゾートフロアは、今年3月に各部屋がリノベーション(改修)されました。(それまでは窓際にカウンターとか無かった)

まだ月日が浅いせいか、この部屋も真新しさがあり非常に綺麗。

タブレット側にはソファーと小さいテーブルがあります。

窓際のカウンターが素晴らしすぎて、ほぼ使用しませんでした。

この部屋では存在価値が低い気がするじぇ!

最新式の空気清浄機も完備。清浄機能を「強」にしても騒音が少ないんです。

これは良いですね。持って帰りました。

嘘です。

テレビは窓際の隅に壁掛けされてます。写り込んだ背景が港町。

テレビ横にはHDMI端子、イヤホンジャック、Bluetoothの電波発信機?やLAN端子まで。

もう至れり尽くせりだね!

冷蔵庫を見ようとしたら、上になにやらショーケースがありました。相変わらずウォータースポットが一滴も無い綺麗なグラス達。

なんか勿体無いのでお茶入れてクルクル回して飲みました。

湯呑で飲むより美味しかったです。まる。

はい!冷蔵庫!

プリンスの時はミニシャンパンが入ってましたが、こちらは何が入っているのでしょうか。

ホテルとは全く無縁だった社畜底辺の鞭男ですが、何度かホテルビュッフェを経験し そのうちホテルに泊まりたいと思い始め、どうせ泊まるな...

ビールやウメッシュ、キットカット、プレッチェルまで。

意外と庶民的な構成です。

ウメッシュってのが良いですね。ウメッシュ。

何が入ってようが、買い込んだ酒を冷やすスペース確保のため全部出しますが

冷蔵庫の脇には押入れがあります。壁に飾っている絵はさざ波を表現しているんだと思います。

うん。絶対そうだ。横浜だし。

フカフカハンガーはありませんが、肉厚で立派なハンガーがあります。

鞭男家で使用しているハンガーは、クリーニングに出した時に貰えるプラ系の貧弱なハンガーなので、スーツなどの肩部分がクタっとしてしまうんです。

この様に肉厚で湾曲しているハンガーだと、型崩れを起きにくいのでしょう。

持って帰るか

ホテル名が記載された布製品用消臭スプレーもあったよ!ファブる?!

プリンスほどフカフカでは無かったですが、十分実用的な使い捨てスリッパです。

恐らくあそこがおかしいんだと思います。

押入れ前にはサウナっぽい雰囲気の荷物置き場。

【横浜ロイヤルパークホテル】スカイリゾートフロア アトリエコーナーダブル 浴室

リノベーションしたのは部屋のみで、浴室はどうやらされて無い模様。

開業から25年が経ち、相応の経年劣化はチラホラと見受けられます。

部屋が綺麗過ぎたからギャップがね。ギャップ。これでも十分ですが。

浴室はビューバスではありませんが、丸窓が付いています。

船みたい。

覗き込むと「ヨコハマ グランドインターコンチネンタルホテル」が見えました。結構大きな建物なのにもはや小っちゃい。

でもこの丸窓の位置が悪い。

湯船に浸かりながら見えないので、見る場合はわざわざ起き上がらなければいけないんです。

起き上がるの面倒くさいのでそんな覗き込みませんでした。窓が無い閉鎖的な浴室よりかは光が差し込んで良いけどね!

湯船は1人だと十分寝転べる広さです。

西洋人みたいに湯船で身体を洗えるよう、石鹸も完備。

シャワーブースは結構広いです。詰め込めば3人入れます。こんな高層なのに水圧もバッチリです。

相も変わらず水道代ケチらなくて良いんで、体中の隅から隅までウォッシングしました。

鞭男は垢抜けました。

トイレも浴室内にあります。

急に大を催した時に同伴者が風呂入ってたら大バッティング!大バッティング!

洗面台も2つあって朝の渋滞は皆無。

洗面台中央に謎の箱がありました。

各箱1人分のアメニティーが入っていました。

髭剃り、ヘアブラシ、歯ブラシセット、レディースセット(綿棒・コットン)と最低限必要な物は揃っています。

シャンプー類はなんとロクシタンです。というかロクシタンってハンドクリームだけじゃ無かったのね。

匂いは勿論ロクシタン。あの匂いです。気持ちハンドクリームよりさっぱりして香りも強めです。

これも高そうです。全部持って帰りました

【横浜ロイヤルパークホテル】スカイリゾートフロア アトリエコーナーダブル 夜景

夜になって横浜も徐々にガスってきましたが、それでもこの絶景です。

奥に見えるオレンジ色の光は京浜工業地帯です。リアルスチームパンク。

都内方面です。冬場の空気が澄んでる時期なら地平線の彼方まで光が点在してそう。

観覧車の光が変化するので、飽きること無くずっと見続けてられます。

今回はクラブラウンジを使用出来ず、また外食するにも諭吉が財布から逃亡したため、泣きながらコンビニで酒と肴を大量に買い込んで部屋にて夕食。

あまりにも貧相な絵面だったので写真に収めませんでした。

で・す・が

夜景が素晴らしすぎてあんまり惨めな思いをしませんでした。

というかレストランとか行って気取って疲れるぐらいなら、部屋でのんびりこの夜景見ながら飯食った方がいいかもしれないですよ!窓際にカウンター付いてるし!

大体酒飲むと声が大きくなるから、周りを気にして小さい声で喋ったり、店員さんとかに気使って疲れるんだよ!バーカバーカ!

とまぁ、負け犬の遠吠えにしか聞こえないと思いますが、持ち込みの部屋食も結構良かったです。

まとめ:【横浜ロイヤルパークホテル】スカイリゾートフロア 宿泊記

いやぁ〜素晴らしいホテルです。

ホテルの雰囲気やスタッフの質など、前回のプリンスパークタワー程ではありませんが

それを上回る展望と立地がこのホテルの強みだと思います。

実際ホテルのディナーやクラブラウンジを利用せずとも、飲食店が数多く入っているランドマークプラザやクイーンズスクエアと直結しているので特に困る事も無いかと。

そっちのほうが安上がりだし

コンビニも各社揃っているので、鞭男みたいに夜景を見ながら買い込んで部屋食もお勧め。

角部屋のベイブリッジビューでも宿泊費はそこまで高く無く、気軽に宿泊出来ないけど、頑張れる現実的な価格。

(金銭感覚が麻痺していますが、都内の高級ホテルよりかは安いです)

の割に

国内屈指の展望を味わう事が出来ます

初めて宿泊するなら断然海側をオススメします。

これぞ横浜!という絶景を味わえます。ただ、街側の夜景もネオンが綺麗で中々良いみたい。

海って夜になると暗いだけだしねw

ここは人生で一度は泊まった方が良いと思います。マジで。

自己破産しても宿泊する価値有り。

今度は街側に泊まれるよう、もうちょっと生きてみようと思います。

【横浜ロイヤルパークホテル】アクセス

・ホテル名:横浜ロイヤルパークホテル

・住所:〒220-8173 横浜市西区みなとみらい2-2-1-3

・電話番号:045-221-1111

・アクセス:

■お車で■

・首都高速横羽線 みなとみらいランプより1分

■電車で■

・みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩7分
・JR京浜東北線・横浜市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩5分

駐車場情報

料金: 宿泊者一泊あたり 1,550円
駐車時間: 入庫から24時間定額(以降30分毎に270円) 出入庫は24時間可能
駐車場スペース: 車長 4.5 m 車幅 2.3 m 車高 2.1 m
駐車場台数: 1400 台 屋内
バレーサービス: なし

駐車場はランドマークタワー共用地下1階~地下3階にございます。
なお、ホテル専用スペースはご用意がございませんのでご了承ください。

送迎情報

なし

スポンサーリンク
AdSense レクタングル広告(大)
AdSense レクタングル広告(大)

SHARE

Follow 飴と鞭