最強の折りたたみ傘。とりあえずこれ買っておけば間違いナシ。

※画像の絨毯が貧乏臭いのは華麗にスルーしましょう♪

実際に貧乏です☆

秋雨の時期です。

ただでさえ仕事行きたくないのに、雨降ったら退職衝動に駆られる鞭男です。

というか満員電車で傘持つのダルい。なんかブツかったら舌打ちされるし。

そもそもあんな狭い空間に詰め込まれる事が問題だ。そんな環境に何年も何十年も耐えられるかってんだFuck!!!

よし!辞めよう!仕事なんてやってられるか!

話が脱線しましたが、そんな憂鬱な雨の日の通勤負担を軽減するマストアイテムをご紹介します。

折り畳み傘です。

ぇ?

そんなの皆持ってるって?

知ってます。皆持ってるでしょう。そうでしょう。

鞭男が伝えたいのはそこじゃない。まずは皆さんが折りたたみ傘に対してどんな印象を持っているのか。

鞭男さんが抱いていた折りたたみ傘の印象

・すぐに壊れる

・傘の面積が狭くて肩とか鞄が濡れる

・折りたたんで仕舞うのが面倒くさい

・たたむ時に水分が残ってベトベトして不愉快

・ゲリラ豪雨とかもはや無抵抗

・台風とかもう無理

基本的に使えない傘としか言いようがない。

たぶん皆さんも鞭男と同じ気持ちを抱いていた(いる)事かと思います。

うん。間違いない。絶対そうだ。へぇ〜そうなんだぁ〜。

そんな皆に向け、声を大にして伝えたい。

君達は折りたたみワールドのほんの片隅しか知らない事を。

鞭男が今から紹介する傘を使ってみれば、そんな悪印象が払拭されちゃう事を。

スポンサーリンク
AdSense レクタングル広告(大)

最強の折りたたみ傘 Knirps Fiber T2 Duomatic

ワンタッチ開閉式の人気モデル。

荷物の多い日もストレスなく開閉できる。

  • 自動開閉タイプの人気モデル
  • 携帯に便利なスリムボディ
  • グラスファイバーを使用した柔軟性のある親骨
  • 人間工学に基づいた新しいデザイン
  • 受け骨を閉じることで安全性を強化
  • ケースにジッパーを付け、出し入れをより簡単に
  • 露先に大きく丸みのあるキャップー怪我の防止と耐久性の向上を両立
  • 強風テスト: 95km/h(試験環境による数値)
  • 8本骨

Knirps|公式HP

結論から言うと、この傘は最強の折りたたみ傘です。主観は否めない

とりあえずこれ買っておけば間違いナシ。特有の欠点を全て克服しています。

また非常に丈夫で、購入してから丸3年酷使していますが

壊れる素振りを一切見せない。今後も数年壊れる事は無いと思います。

基本的に素晴らしい傘ですが、使用している中で問題点も明らかに。

といっても微々たる問題だけど

折角なので、現在もバリバリの使用者である鞭男が感じた、「良い点」と「悪い点」を列挙して行こうと思うよ。

みんな、目をかっぽじって良く見ましょう!

最強の折りたたみ傘:良い点

自動開閉が出来る

港に溢れる折りたたみ傘は、開閉を手動で行う物が主流だと思います。

だが、この傘はボタンを押すだけで自動で開閉してくれるのだ。

持ち手の凹みには黒いボタンが備え付けられ、これを押す事で一気に傘が開く!開く!開く!

バッッッ!!

縮んでいた軸が限界まで伸び上がり、帆まで開きます。

すなわちボタンを一回押すだけで傘を差す事が出来るのです。

この機能は本当に便利で、とっさの雨にも直ぐ対応する事が可能。

では、閉じる場合はどうなるのか。

開いた状態でボタンを押すと、帆が収まりこの様な状態に。

意図した事かわかりませんが、残念ながら開ける時の用に軸は縮みません。

その代わり、軸が伸び切った状態で帆に付着した水滴を飛ばす事が出来ます。

上下左右に振ると水滴がアイCANフライ。

※躍動感を演出する為、あえてブレさせています。

その後、クルクルと帆を巻いて。

マジックテープで閉じます。

伸びた軸を手で縮めればハイ!完了!

開ける時は1回の動作で済みますが、流石に閉める場合は3回の動作が必要。

とは言っても、通常の折りたたみ傘に比べて物凄く楽なのは確か。

しかも帆が直ぐカバーに収納出来る形状に収まるので、カバー内でゴワつく様な醜い状態にはなりません。

帆の面積が広い

折りたたみ傘の最大の欠点は帆の狭さ。帆の面積が狭い事による弊害はとても大きい。

まず持って自分が帆の中に居なければいけないという緊張感が生まれる。

そんな緊張感に晒されながら風でも吹いた日には、絶対的な面積が狭まい事で頭上以外は雨ざらし。

校庭にいた二宮さんの気持ちが分かる次第であります。

このKnirps Fiber T2 Duomaticは開いた時の直径が約95cm。

ビニール傘など長傘の平均直径が100cmなので、大差が無いのです。

これはとっても素敵な事で、雨の日にスキップ出来ますからね。スキップ。

例えスキップしなくても、もたらされる恩恵は大く、上半身含め鞄やリュックなどが格段に濡れにくくなるんですよ。

傘差してるのにびしょ濡れみたいな、そんなFuckな状況からは開放されるでしょう。

帆を支える骨が多く、耐久性が高い

皆さん一度は経験した事があると思います。

風が強く吹いて傘が逆跳ねしてしまった事を。

こんな感じ。

これで骨が変にならなければ良いんですよ。元通り使用出来ればね。

だったら耐久性はあると思って頂いても良い。でも大抵の傘は骨がバカになると思います。

では、今回紹介するKnirpsのFiber T2 Duomaticはどうなのか。

現在まで結構な強風にさらされて来ましたが、逆跳ね状態になった事は無い。

恐らく軸から帆を支える8本骨が効いているんでしょうか。専門家じゃないので詳しい事は知りませんが。

ただ、先月襲われた「非常に強い勢力」の台風24号には負けると思います。

あそこまでの暴風には流石にこの傘も勝てない。骨砕けます。無理。

なので鞭男はあの日この傘を広げませんでした。チキンなんて言わないで。

ただ単に壊れて買い直すのが嫌だっただけです。お金に汚いだけです。

最強の折たたみ傘:悪い点

デカい

折りたたみ傘を持つ人間にとって最も重要な点は携帯性。

大半の人が鞄に収納すると思うので、どれだけ場所を取らないのかが重要。

鞭男の所有鞄にはなんとか収納出来ましたが、人によっては厳しいかもしれない。

鞭男の鞄だと縦に入れると収まりきらず顔出します。コンニチワ。

横から見ると1~2cm程収まっていません。

革製の鞄を使用しているので、柔軟性によりジッパーを閉めたらなんとか収まりますが

縦に長い事は紛れもない事実。

正直邪魔である。

んじゃ横に収納すればと思いますが、これはNot実用的。

書類やノートパソコンなどが入らなくなるんですよね〜。

なので収納力の面からして鞭男は縦に入れています。

これが最大の問題点です。

何かを得るには何かを犠牲にしなければならないのかもしれない。

この問題は同社の他モデルで対応するのがベストだと思います。何故なら鞭男はこの会社の回し者だから。

例えばこれとか。

Flat Duomatic

スリムになったワンタッチ開閉式折りたたみ傘。

  • 自動開閉タイプの折りたたみ傘
  • 上品で女性らしい軽量・スリムなボディ
  • カバンの中に納まりやすいフラットなフォルム
  • グラスファイバーを使用した柔軟性のある親骨
  • 受け骨を閉じることで安全性を強化
  • ケースにジッパーを付け、出し入れをより簡単に
  • 露先に大きく丸みのあるキャップー怪我の防止と耐久性の向上を両立
  • 6本骨

Knirps|公式HP

Flat Duomaticは縦の長さが紹介したFiber T2 Duomaticに比べ、1.5cm短いです。

たった1.5cmかと思われますが、鞄に収まるか収まらないかの瀬戸際だと重要な数値。

その代り骨組みはFiber T2 Duomaticの8本に比べこちらは6本。

鞭男の場合は耐久性(骨組みの多さ)から携帯性を犠牲にしましたが、Knirpsには絶大な信頼を寄せてるので、今だったらこっちを選ぶかも。

当たり前ですが、環境によって自分に合ったモデルを選ぶのが吉。ただし自動開閉機能が付いたモデルを選びましょう。

使用したらわかりますが、この機能は間違いなく便利です。

メンテナンスが必要

これはどんな物にも共通する事ですが、長持ちさせるには大なり小なりメンテナンスが必要です。

「傘のメンテナンスってナニ?」とか思われる方がいるかもしれませんが、使用したら干すこと。

これ重要です。これさえしとけばとりあえず大丈夫。

メンテナンスと呼んで良いのか不安になってきた

大事な事なのでもう一度言います。

使用したら、傘を開いて干すこと。

これを怠ると帆に水分が付着して悪臭を放つ原因にもなりますし、骨や軸が錆びて来ます。

この傘は最強っぽいので、骨や傘が錆まくろうが使用出来そう気がしますが

なんか精神的に嫌じゃないですか。臭いとか錆とか。

ただね〜、傘を開いた状態で干す場所なんてなかなか確保出来ないと思う。

なので最悪閉じた状態でベランダの物干し竿に掛けておけば良いと思うよ。

水滴垂れるし。

こんな感じ。

浴室乾燥機が備わってるブルジョワな人は問題無さそうだけどね!

レインガードなどの防水スプレーを帆に噴射するのも効果的だと思う。

たぶん水切りが良くなり、仕舞う際の手間や干す時間が短縮されると思います。

鞭男はこれ以上、傘関連にお金かけたく無いので使用していませんが。

値段が高い

購入時(3年前)はググって最安値探しても7000円近くしました。

現在もあまり価格低下せず税込み7000円代です。

値落ちしてないんかい!マジで意外

正直高いです。傘なんかに7000円とか信じられない。鞭男もそうでした。

でもね、十分元取れると思います。

7~800円の使い捨て折りたたみ傘なんて強風が吹いたら直ぐ壊れますよね。

その度に壊れて買い直す事考えれば、結果的にどちらが安く済むのか。

この傘は適切なメンテナンスをすれば10年持つ気がします。

※10年使用してないので信用しないで下さい。

また使い勝手や動作不良による精神的害悪を考えれば、十分元を取れると鞭男は思います。

昔の言葉に「安物買いの銭失い」との名言アリ。

他の品にこの言葉が当てはまるかどうか知りませんが、折りたたみ傘に限ってはまさにそうだと鞭男は思う訳です。

実際に使ってみてね。

けど、万人に向けて価値があるとは言いません。人それぞれ価値観が違いますしね。

鞭男は綺麗事なんて言いませんよ。

雨が嫌いで

雨の日会社行くの嫌で

というか雨の日家出るの嫌で、

人間が嫌いで

上司とかもっと嫌いで

なんかもう会社とか爆発してしまえばいいのに

とか思ってる人には十分元取れる価値はあると思います。まる。

まとめ:最強の折りたたみ傘。とりあえずこれ買っておけば間違いナシ。

鞭男はこの傘と出会ってから雨の日の通勤憂鬱度が0.1ミクロン程下がりました。

そして購入した数回は雨の日が待ち遠しくなるという異常事態発生。

もう飽きて雨の日嫌だけど

傘なんかにお金かけるなんてバカバカしかったですが、これだけ快適になるならもっと早く購入しておけば良かったと後悔。

日々使用する物を、ほんの少し良い物にするだけで、生活の負担が大きく軽減されるというのを気付かされました。

種類も豊富で、老若男女問わず万人にお勧め出来る逸品です。是非、皆に使って頂きたい。

そして雨の日の憂鬱度を鞭男みたいに0.1ミクロンでも下がる事を願うZe!

アディオス!

スポンサーリンク
AdSense レクタングル広告(大)
AdSense レクタングル広告(大)

SHARE

Follow 飴と鞭