オススメ

ギター初心者【初めの一本】安いギターを買いましょう

鞭男が初めてギターを手にしたのは高校2年生の時です。

1年ローンでアコギの王道、マーチンのHD-28Vを購入しました。

高校を通いながらもセブンとサンクスでバイトを掛け持ちし、なんとか完済しました。

初心者の鞭男が、30万近いプロが使うギターを購入してどうだったのか。

これからギターを初めようとしている初心者は、何を基準にどの価格帯のギターを買えば良いのか。

現在の自分から当時の愚かな自分へ向け、自戒の念を込め書いて行こうと思います。

初めは2万円程度のギターで十分

結論からエレキ、アコギ問わず2万円程度のギターで十分です。

理由は多々ありますが、一番は弾けないので何が良い音色なのかわからないという事です。

弾ける様になって初めて音について知り始めます。

エレキギターは更に価格帯を下げ、一万円程度の物でも十分です。

エレキはギター単体で音が出ず、アンプなどに繋げて音を出すと思います。

音を出すまでピックアップやシールドなどを伝って電気信号をアンプに送信します。

なので音が発生するまでの過程がアコギより多く、外部要因によって音が大きく変わります。

極端な言い方、最初の頃は数十万のエレキを使おうが一万のエレキを使おうが差が認知出来ないと思います。

なのでアコギとエレキ含め、2万円程度を上限に選択すると良いと思います。

ただ2万円程度のギターでも様々な種類があると思います。

憧れのアーティストが使っている形状のギターを選ぶのも良いでしょう。

ですが初心者でも意識して選んで欲しい点が一つだけあります。


スポンサードリンク

ネックの握りやすさと、弦の抑えやすさ

ここだけ意識すれば十分です。

指の長さや手の大きさは人によって個体差があります。

なのでネックを握ってみて握りやすいと思う物を選びましょう。

弦を抑えて見て、抑えやすいと思う物を選びましょう。

ショートスケールやらロングスケール。

ネックシェイプがC、V、Uなど色々あると思います。

弾けないとその違いも体感出来ないと思うので、深い部分は気にしなくて良いと思います。

まずはネックを握ってみてしっくり来る物を選ぶ。

初心者はここだけ意識すれば良いです。

様々なギターに触れてみよう

初心者で楽器屋さんに向かい、試奏するには勇気がいると思います。

鞭男は試奏するのが怖くてなかなか楽器屋さんに行けなかった覚えがあります。

弾けないと周りの人から馬鹿にされそうで怖かったのが原因です。

だんだけ鞭男は気が弱いのでしょうか。

未だからこそ胸張って言えますが、気負いする必要は一切ありません。

店員さんに向かってこう言うと気が楽になると思います。

「ギターを初めようと思い、予算2万なんですが、どのギターを購入して良いか教えて貰いますか。ちなみに全く弾けません。」

これで弾けなくてもとりあえず自分は初心者だと先に伝える事で店員さんを仲間に出来ます。

店員さんは皆優しいです。あくまでも気負いする自分への対処法です

その後様々なギターのネックを握り、弦を抑えてみましょう。

「ギターが良くわからないので、とりあえず握りやすさを重視しています。

色々なネックを握らせてもらいませんか。

チューニングしなくて大丈夫です。」

エレキの場合は「アンプも繋げなくて結構です」を追加。

こう伝えれば良いです。

すると店員さんも毎回弦の調律する手間も省けますし、色々なギターを足早に運んで来てくれると思います。

そして握りやすく、弦を抑えやすい物を数個選びます。

「これ、購入候補にしたいので側に置いといてくれませんか」と店員さんに伝えましょう。

出来れば3個ぐらいあれば良いですが、無ければ無いで構いません。

1個だけでも握りやすいギターと出会えるだけで収穫はあります。


スポンサードリンク

とりあえず音を出してみる

候補のギター音を出してみましょう。

別にコードを抑えなくても構いません、単音で大丈夫です。

この段階はさして重要ではありません。

実際に握って弦を抑えて音を出してみるだけです。

ここまでくれば後は見た目、感覚で選びましょう。

まとめ

鞭男はギターを初めて購入するとき、調べに調べまくりました。

その結果、知識だけが先行し、今後続けるかもどうかわからないギターに対して

30万近くのMartin HD-28Vを2年ローンで購入。

その後鞭男はバンドを組みベースとして5年近く演奏します。

バンドで演奏している間、マーチンギターはほぼ放置してました。

その間ギターを弾いていません。

現在バンドを辞めて趣味でマーチンをたまに弾く程度。

初めてマーチンギターを手に入れてから早10年以上立ちますが、そんなにギターが上手い訳では無いので過剰スペックなのは否めません。

正直今でも2万円ぐらいのアコギで自分は十分だと思っています。

問題はここです。

今後続けるかどうかわからないということ。

だからこそ音もわからない初心者の内は、上限2万円程度のギターで十分という事です。

但しネックの握りやすさだけは意識して購入して頂きたい。

 

始めから30万近いギターを購入する人もまず居ないと思いますが。

鞭男みたいな経験をしないよう、この記事を書かせて頂きました。

ギター購入の際、少しでも参考になればなと思います。