いかに楽して白いスニーカーを綺麗にするか。手間も金もかからないベストな方法。

お金に余裕が無く、必然的に物持ちが良くなる鞭男です。

なので高価な物を買えば買う程、鞭男の愛用品は長生きします。

長生きの秘訣は適度なメンテナンス。でもメンテナンスって面倒くさい。

実は鞭男、極度のめんどくさがり屋です。

そして追い打ちをかけるが如く、意外と綺麗好き。

・金が無い

・めんどくさがり屋

・綺麗好き

だから考えました。いかに楽して白いスニーカーを綺麗にするか。

必要なのは歯ブラシと歯磨き粉だけ。

あとは好みで消しゴム

現状、手間も金もかからないこの方法が鞭男的ベスト。

それでは行ってみよう!

スポンサーリンク
AdSense レクタングル広告(大)

白いスニーカーをしっかりと綺麗にするなら丸洗い

今回紹介する方法は、いかに楽して白いスニーカーを綺麗にするか。表面部分のみの汚れを落とす、簡易的なお掃除です。

内側の汚れや匂いなど、しっかりと汚れを落とすなら

バケツに中性洗剤を流し込み、漬け置きして洗うべき。

でも、汚れる度に丸洗いしていたら面倒くさい。

内部が臭くなり始めたら丸洗いの時期だが、特に白いスニーカーなんて直ぐに汚れるからね!

こまめに行えて、手間も金もかからないこの方法がベストだと鞭男は思うヨ。

楽して白いスニーカーを綺麗にする手順

歯ブラシと歯磨き粉を用意

ビジネスホテルとかに置いてある、使い捨ての歯ブラシ&歯磨き粉で十分です。

無い場合は捨てる間際の歯ブラシとか、そこら辺使ってちょ!

ちなみに、ホワイトニング仕様の歯磨き粉があると、倍速で白くする事が出来マース(無くても可)

今回のヨゴレは、白スニーカー定番のスタンスミス。

鞭男は5~6回履いたら頻繁にお手入れしてますが、それでもこの様な汚れが付着します。

掃除すんのはどうしたって面倒くさいので、これでも気を使って綺麗に履いてんだけどね!

トゥ(先っちょの丸いとこ)にもほんのり擦れた汚れが。たぶん酔っ払って自販機を蹴り飛ばした時に付いた傷だと思います。嘘です。

踵なんてこれですよ。本当に白い靴は汚れが目立ちます。

めんどくさがり屋だけど綺麗好きな鞭男は、こうゆう光景が大っ嫌いです。

Fuck!スタンスミス!ファック!

まずはアルコールティッシュで全体を拭く

ウエットティッシュでも良いですが、アルコールが含まれていると、付着した油汚れを落とす事が出来るのでお勧めです。

100均のでOK。

折りたたんで拭いていきましょう。汚れたら、面を裏返しにして拭いていきます。

表革全体をまんべん無く拭いていきます。大切な事は常に清潔な面でフキフキ。

撥水スプレーなどでコーティングなどしていませんが、アルコールティッシュで拭くだけで、案外汚れは落ちます。

ただし、鞭男の場合は頻繁にお手入れしているからかも。汚れが深い所まで浸透していないのかもしれません。

こまめに掃除するメリットはコレ。

表革部分を拭き終えたら、使用したアルコールティッシュを捨てずに、一番汚れているであろうインソールを拭いていきましょう。

汚れまくった所拭くから再利用

目的はあくまでも、砂埃を取り除くため。靴専用のブラシを持っていれば、事前に払っておく方が良いでしょう。

でも大半の人は靴専用のブラシなんて持ってないと思うから、アルコールティッシュで軽く拭けばダイジョーブ。

歯ブラシで磨く

歯ブラシで磨くと歯磨き粉が飛び散って、折角綺麗にした箇所も汚くなってしまいます。

よって一番汚れている所から磨いて行くこと。

今回はインソールが汚れているので、こちらから先に磨いていきます。

磨く時は、歯磨き粉を泡立たせるため、適度な水分が必要になります。スポイトなどあれば良いですが、そんなもの鞭男家にはありません。

ティッシュに水をたっぷり染み込ませ、絞って水滴を垂らしています。

ぶっちゃけ唾でも良いけどねww

歯磨き粉を適量垂らし、磨いていきましょう。

写真撮りながら磨くの大変だよパパ。

ちょっと磨いただけでも、これだけの汚れが。拭き取る場合は、濡れた雑巾などを使うのがお勧め。

ティッシュで拭き取ると、ソールの凸凹に引っかかり、紙くずが出ちゃいます。

まぁ鞭男は面倒くさいのでティッシュ使ってますがw

払えば良いだけだし

先端とかめっちゃ汚れてたので

歯磨き粉を大量投下!

歯ブラシが徐々に黒ずんで来ました。ここいらで一度、歯ブラシを洗浄した方が良いです。

汚れた歯ブラシで磨くと、汚れを広めてしまう恐れがあるため。

あ、鞭男はめんどいのでこのまま続行。

ついでにサイドの隙間とか磨いておくと、より綺麗になるよ。

踵の汚れも激しかったので、しっかりと磨きました。

疲れてきました。もう嫌だ。酒飲みたい。

仕上げに消しゴム

歯ブラシで磨くだけでも、相当綺麗になります。大半の方はここで終わらせるべきでしょう。

これ以上時間かけるのも勿体無いw

ここからは更に綺麗にしたい、鞭男の様な物好き向けです。

ソールと表革の中間部分の汚れが、歯ブラシでは落としきれませんでした。更に時間かけて磨けば落ちるのでしょうが、そこまで時間は掛けたくない。

手入れに飽きた。

そこで登場するのが消しゴムです。The時短。

力強く擦って消しカスを出しまくると。

汚れは多少残ってますが、履いたらわからない程度まで落ちました。他の気になる部分も擦ったら終了です。

作業時間は、両足で合計20分ぐらい。一足大体10分ぐらいですか。

あんまりやっても、一定以上は白くならないから、早々に諦めるのも大事だよ。

白いスニーカーはどれだけ綺麗になったのか

ビフォーアー、アフターと行きましょう。

お手入れ前の全体像。そこまで汚れてませんが、まばらに黒い汚れを確認出来ます。

お手入れ後です。先端部分の汚れが落ちているのを、お分かり頂けただろうか。

遠目から見たら新品みたいだね!流石だな俺!

先端のソールなんて結構汚れが付着してたのに。

こんな感じに!キレイキレイ!

こんなファッキンな踵汚れも・・・

ここまで真っ白に!

なんか通販番組の一コマみたいだが、20分ぐらいの作業でここまで綺麗になります(マジで

ちなみに鞭男の場合、今回は表革の汚れがアルコールティッシュで落ちたからやんなかったけど

もし汚れがある場合は、ソールと同じ様に歯磨き粉を付けて歯ブラシで磨けば落ちるのでやってみてくだしゃい。

レッツトライ!

まとめ:いかに楽して白いスニーカーを綺麗にするか。手間も金もかからないベストな方法。

白いスニーカーはいつだって新品のように、真っ白な状態で履きたいものです。

たぶんこう思ってるのは鞭男だけじゃないはずだ。

皆もそうだ絶対そうだ!

だから汚れが気になる人はこの方法を試してみよう。

時間はちょっと取られるけど、お金はほぼ掛からないし、使用道具なんて大体の家庭にはあるものだからね!

ただこの方法だと、頻繁にお手入れした方が良い。こまめにお手入れした方が、汚れも落ちやすくなるし

何よりも一回の作業時間が短縮される。汚れを長期間放置すると落ちづらい。

一回のお手入れが数時間に及ぶより、20分ぐらいならまたやってみようって思えるんじゃないかな。負担少ないから。

なので最低でも10回ぐらい履いたらこの方法でお手入れする事を推奨するよ。いつまでも新品の様な感じで履けるぜ!

って事で、いかに楽して白いスニーカーを綺麗にするか。手間も金もかからないベストな方法でした。

ちょっと手間かかっちゃったのは許してね。許して下さい。許せコノヤロウ。

アディオス!

スポンサーリンク
AdSense レクタングル広告(大)
AdSense レクタングル広告(大)

SHARE

Follow 飴と鞭