ライフスタイル

蚊に刺されない様にするにはどうすれば良いか

老若男女、誰しも蚊の吸血活動に悩まされた事はあると思います。

鞭男は蚊に刺されやすい体質で、いつ何時も人一倍被害を被っています。

むしろ鞭男がいると蚊を引き寄せてくれるらしく、周りの皆に感謝される程です。

よって鞭男が蚊に抱く憎しみは計り知れない物があります。

蚊に刺されまくり早数十年。痒みの代償として学んだ、蚊の撃退方をご紹介しようと思います。

(蚊)は、ハエ目(双翅目)糸角亜目カ科(学名: Culicidae)に属する昆虫である。ナガハシカ属、イエカ属、ヤブカ属、ハマダラカ属など35属、約2,500種が存在する。ヒトなどから吸血し、種によっては各種の病気を媒介する衛生害虫である。

Wikipedia

2014年夏、国内では69年振りにデング熱の感染例が報告されました。

これはヤブ蚊によって感染者からデングウイルスが媒介され、発症に至った模様です。

デング熱には直接効く治療薬が存在しません。対処療法しか無いのが現状です。

重症化するとデング出血熱という状態になり、歯茎からの出血や血便、血尿が引き起こされ

命にかかわる事もあります。

2016年には30代の女性がデング出血熱で死亡する事例がありました。

もはや噛まれて痒いだけでは済まされないのが昨今の蚊です。


スポンサードリンク

蚊の種類を知ろう

国内で人間に吸血する蚊は大まかに別けて2種類います。

ヒトスジシマカとイエカです。

ヒトスジシマカとは俗にいうヤブ蚊です。黒色の背景に白い線が入った、屋外で良く見る蚊です。

このヒトスジシマカがデングウイルスを媒介します。

鞭男が最も悩まされてきた蚊がこのヒトスジシマカです。

この種類は日中、木陰や草むらで人間に吸血活動を行います。

屋外で刺される大半がコイツの仕業と考えて間違いないでしょう。

威勢の良い奴は炎天下の中でも活発に活動し、直射日光をもろともせず吸血してきます。

 

次にイエカです。

名前の通り、家などの屋内に良く出現します。

イエカはヒトスジシマカと違い夜行性です。

就寝前、皆さんも耳元でブーンとゆう不愉快な羽音を聞いたことがあると思います。

犯人はイエカと言っても過言ありません。

鞭男はこの曲者によって幾度となく睡眠を妨げられて来ました。

イエカは夜行性のため、退治しようと灯りを付けた瞬間退避行動を取ります

よって殺傷し難い事が多々あります。

何とも憎たらしい奴等です。

唯一の救いがヤブ蚊より痒みが少ない事です。

良く提言される対策方法

①肌の露出を減らす

肌の露出が少ない服装をする事で刺される割合を少なくする事が出来ます。

しかし、我々が身近に刺される場所は街中や公園などが殆どです。

日常生活において、高温多湿な日本で肌の露出を減らす服装には限界が生じます。

逆に熱中症の危険性が生じます

これは林業に就労している方や登山者など雑木林に赴く対象に効力が及ぶだけで、多数の人間に対しては現実的ではありません。

当たり前の話ですが、肌の露出を少なくすれば蚊に刺される面積が軽減し、刺されれ辛くなるのは確かです。

 

②汗をかかない様にする

汗の成分である乳酸に蚊は反応し、引き寄せられると言われています。

鞭男も汗かきな体質なので、真夏に運動せずとも汗をかいてしまいます。

これが原因で蚊を寄せ付けてしまうのでしょう。

しかし、こればっかりはどうしようもありません。

汗をかく度に流水で汗を洗い流せば効果があるかもしれませんが、これも非現実的です。

ちなみに鞭男は風呂上がりだろうが、蚊に刺されます

ただ誘引率は下がるのでしょう。

 

③お酒を飲まない

蚊は二酸化炭素の密度の高い所や、湿度の高い所へ向かう習性があるようです。

そのため、お酒を飲むと呼吸が荒く体温が上がるため蚊が寄って来てしまうという事です。

元来お酒を飲まない人は良いかもしれませんが、飲む人間にしては無理難題を言われています。

蚊ごとき数ミリの昆虫によって、酒の席で形成される対人関係を阻害されるなんて腹ただしい上この上ありません

よって蚊は確かに引き寄せられるのかもしれませんが、現代社会の生産活動において非現実的な提言と言えます。

野外の公園で一人で酒を飲むのは控えたほうが良いのかもしれません。

 

④足の匂いを消す

どうやら蚊は足の常在菌が放つ匂いに惹きつけられるようです。

アルコールティッシュや石鹸などを使用し、足首から下を吹いたところ

蚊に刺される割合が軽減されたという報告があります。

ここで重要なのは軽減しただけで、刺されてはいるという事です。

つまり一定の逃避効果は期待できますが、刺されるのです。

また人それぞれ足の常在菌も違いが生じます。

不確定要素が多すぎる点で、万人に対応出来る方法とは思えません

 

⑤メイクをしている人

化粧品に含まれる香料が蚊を引き寄せる様です。

ではメイクをしなければ蚊は寄って来ないのでしょう。

確かにそうなのかもしれません。

蚊に刺されたくなければ女性はメイクをしない事をお勧めします。

夏になれば全ての女性がスッピンで外出すれば解決出来そうです。

そうすれば蚊に刺されないでしょう。

果たしてそんな世界が21世紀に舞い降りるでしょうか。

鞭男は男性なので化粧をしませんが、化粧をしている女性が隣にいても自分が一番刺されます

 

⑥暗い色の服装を着ない

蚊の習性を調べた所、暗いものに寄って来ると言われています。

これは肌の色にも関係し、日に焼けて肌が黒い人の方が蚊が寄って来やすい様です。

しかし鞭男の個人的な経験から言いますと、色彩は全く関係無いと思います。

現に鞭男は生まれながら非常に色白です。日に焼けても赤くなるだけで色素沈着が発生しずらい体質です。

冒頭で説明した通り、周りの人間に比べて色白ですが蚊を非常に寄せ付けます

これは一体何故でしょうか。

勿論、他の要因も関係するかと思われます。

しかし個人的な経験から申しますと、色彩は全く持って蚊の誘引に対して影響を及ぼさないと思います。

よって蚊ごときに服装の色彩選択を制限される必要は無いと鞭男は考えます。

 

⑦蚊が嫌がる香り成分を配合したアロマオイルを使用する

鞭男はレモンユーカリを配合した噴霧式のアロマオイルを使用した事がありますが、値段が高価な割に全く効果がありませんでした。

蚊を誘引する他の要因が勝っただけなのかもしれません。

気になる方は是非、試して見て下さい。


スポンサードリンク

個人的に効果があった蚊に対する吸血防衛策

ディート(防虫剤)を使用した虫よけスプレーです。これ一点に限ります。

鞭男も化学薬品を使用して、蚊に対する忌避は出来るだけ避けたかったのですが

悲しい事に認めざるおえない高い効力があります。

噴霧してから他要因に左右されず、一定の高い忌避効果が生じます。

各社から虫除けスプレーを販売しています。

鞭男が数種類試した中で一番効果があったのはアース製薬から販売されてるサラテクトです。

サラテクトシリーズの中でも虫除けスプレーにありがちなベタつきが少ない、ウォーターミントが一番使用感に優れていました。

サラテクト ウォーターミスト

お肌にやさしいウォーターイン&ヒアルロン酸Na、ビタミンC、加水分解コラーゲン、セラミド(保湿成分)配合の虫よけミストです。薬剤のにおいを抑えた低刺激 無臭タイプです。

サラテクト|ウォーターミント|アース製薬公式

この商品は記載されいるディート含有量が他製品に比べ少ない割に効力が高いです。

誰しも考えるかもしれませんが、なるべく化学薬品の含有量が少なく高い効果を得ようとするのが鞭男の心条です。

この心条に一致したのがサラテクト ウォーター ミストです。

化学薬品にありがちな匂いも無く、パウダーを配合していないせいかサラッとした使い心地です。

お勧めは掌に何度か噴霧し、露出部位に塗り拡げる事です

こうする事で薬品の吸引量を減らし、該当部位にまんべんなく塗る事が出来ます。

鞭男は汗かきな体質で、炎天下の真夏では腕に常時汗をかき続けます。

汗で薬剤が希釈され効力が低下する事を危惧し、2~3時間おきにサラテクト ウォーターミストを腕に塗りたぐります。

薬品による害は今の所表面化しておりませんが、蚊に対する忌避効果は抜群です。

吸血活動以前に、蚊が寄り付きもしません。

足のふくらはぎなど、比較的汗がかかない部位は一日持つと思います。(実体験)

ただし、しっかりと塗る事が大事です

腕も足も含め全ての吸血される部位に関しますが、掌に3プッシュ程度薬剤を噴霧し

まんべんなく該当部位に伸ばす事が大事です。

薬品の影響が不安だから、少量を薄く伸ばすとなると効力が低下し

害だけ皮下投与され、蚊に刺されてしまうという二重苦に陥ってしまう可能性があります。

まとめ

化学薬品などが含まれる防虫剤を使わない方が良いに越した事は無いです。

しかし、使わず蚊の吸血活動を防ぐとなると現実的に無理が生じる可能性があります。

そのため、この記事では防虫剤の含有量が少なく、忌避効果が高いと鞭男が感じたサラテクト ウォーターミストを紹介させて貰いました。

勿論、これ以外で有効な蚊除けの方法があるかもしれません。

これが絶対では無いかもしれません。

経験上、蚊に刺されやすい鞭男にとって有効的であったのは確かです。

参考の一つとして捉えて頂ければなと思います。